従業員アンケート

従業員アンケートを取ることがあります。大体よくない結果がでますが、経営者にとっては課題が見えるのでとても喜ばれます。顔は笑っていませんが。。。

経営者に「アンケートをやりませんか?」と聞くとどちらかの反応が返ってきます。
A ぜひ、お願いします。社員への改善を図っていかなければなりませんので、どんな問題が出てきても受け止めます。
B いや、結構です。どんな問題が出てくるかわかりませんからね。やったら対応しなければなりません。

Aの受け入れる経営者はまさに経営者の鏡ですね。
では、Bの経営者がダメかというと決してそんなことはありません。社員の状況をよく把握して今打つべき手を実施している最中の経営者はやらなくても結構です。と言われます。
まあ、中には本当に社員の働く環境をよくすることを考えていない経営者もいますが。稀に

すべての問題はコミュニケーション

いろんな問題が浮きぼりにされますが、私はすべての問題はコミュニケーションにあると信じています。なぜなら、企業活動そのものが人が行うからです。もっと言うと会社は法人です。人なんですよね。

そうコミュニケーションに問題の根源があるので、コミュニケーションをよくしましょう!
が課題になるわけです。簡単ですね。
いやいや、解決するのは大変です。コミュニケーションはややこしいんです。
要因は2つと考えられます。一つ目は、個人個人の考え方、価値観によって多種多様なコミュニケーションがされることに起因します。
もう一つは、企業文化によりコミュニケーションに悪い影響を与えていることです。

個人の価値観

個人の考え方、価値観は、それぞれ違うんです。日本人は空気を読むことができる世界でも数少ない人種ですね。それでも「最近は空気が読めない」なんてよく聞きますよね。
そもそも人は違うということを受け入れて、価値観の違いを知り、お互いに共有すればコミュニケーションが円滑になるはずです。

企業文化

企業文化はややこしいですね。誤解を恐れずに言うと企業文化とは、「企業の歴史」です。
理念や社長の考え方・価値観が大きく影響します。それだけではありません。創業から受け継がれた仕事へのこだわりやお客様への感謝の仕方など積み重ねられた経験そのものが文化として宿しているのです。
簡単に解決できるはずがありません。

従業員アンケートでおおよその現状はわかりますが、解決策は簡単に示すことはできません。
解決するのは、コンサルタントではなく、その会社の経営者と従業員すべての人が解決していかなければならないです。
だから、難しいのです。

でも、必ず方法はあります。一緒に考えさせていただくしかありませんが。。。

 


皆様の応援が私たちの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
高橋 光久

高橋 光久

売れる営業戦略をつくり、実行する強い組織をつくる「6カ月で売上アップする営業コンサルタント」  【略歴】キヤノンマーケティングジャパン(株)にてコンサルティング事業を立ち上げ、取引先販売店に対する営業コンサルティングに14年間従事。営業戦略、営業力強化、営業マネジメントなどのコンサルティング、および営業研修・教育研修などで、50社以上の中小企業経営者と500名以上の営業に対し営業戦略策定、営業組織変革を実施し、売上向上に寄与。独立後、ビジョン構築から戦略立案、マネジメント、実行を一貫して支援。営業力を向上させるための「傾聴力」や「質問力」、「仮説力」、「営業戦略立案」、「組織マネジメント」に関するセミナー実績多数。
高橋 光久

最新記事 by 高橋 光久 (全て見る)