リーダーの定義

 

リーダーの定義は、リーダーに付き従う者がいること(ドラッカー)
ただ従うだけでは少し足りません。自らが自分の意思でリーダーに付き従うと言っていなければなりません。

現実的にはどうでしょうか?

給料が高いから従っている。とか
他に働く会社を見つけるのが大変だから、とりあえず従っている。とか
ということはないでしょうか?

「社員が真剣に社長と一緒に働きたい」と望んでいないならば、それは社長が真剣に「その社員と一緒に働きたい」と思っていないからではないかもしれませんね。

 

社長のTOPリーダーの役割

 

社長は組織全体に働きかけ、ミッションやビジョンを共有し、コミュニティ意識を醸成しなければなりません。それと同時に従業員一人ひとりと向き合い、コミニュケーションをとり、働きかけて、組織や個人の想いを引き出し、自律性を引き出すことが大きな役割です。

会社組織全体をそのような場として考えているでしょうか。
会社は人材を育成する場でもあります。

社長が真剣に「社員と一緒に働きたい」と思っていなければ、こんな面倒なことはやってられませんね。

まずは、社長が「この社員と一緒に働きたい」と思うところが最初です。
そして社員が自ら働く意志を持つように育成していくことが社長の仕事です。

 

社員が自ら働く意志を持つように育成していく

なんで、給料を払って人材を育成する必要があるのか? と怒られそうですが。

考えてみてください。
個人個人が自らの意志で働く時に優れたパフォーマンスを発揮します。
個人個人が社長の理念やビジョンなどの想いに共感して、その実現に意志をもって働きだしたら会社は大きな成長を迎えることでしょう。
だから、社員の自律を引き出すように育成することは社長自身のためにもなるのです

社員の自律を引き出すために

そのためには、コミュニケーションをとることが一番です。早道はありません。

何を話せばよいでしょうか?
仕事の話? 家族の話? 趣味の話? 悩み事?
なんでもいいのですが、これは必ず話し合ってください。

「夢」を語りあってください

社長は自社の理念・ビジョンを語ってください。
社員には将来の夢を話してもらってください。そして、会社ではどのようなことをしていきたいのかを語ってもらってください。

など、将来のことを語り合ってください。

そこから共感点を見つけてお互いの目標を定めていければ、社長と社員の同じ目標ができます。お互いが自律した同志になれます。

「夢」を語る。おススメです。ぜひ、貴社内でやってみてください。
必要ならばお手伝いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆様の応援が私たちの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
高橋 光久

高橋 光久

売れる営業戦略をつくり、実行する強い組織をつくる「6カ月で売上アップする営業コンサルタント」  【略歴】キヤノンマーケティングジャパン(株)にてコンサルティング事業を立ち上げ、取引先販売店に対する営業コンサルティングに14年間従事。営業戦略、営業力強化、営業マネジメントなどのコンサルティング、および営業研修・教育研修などで、50社以上の中小企業経営者と500名以上の営業に対し営業戦略策定、営業組織変革を実施し、売上向上に寄与。独立後、ビジョン構築から戦略立案、マネジメント、実行を一貫して支援。営業力を向上させるための「傾聴力」や「質問力」、「仮説力」、「営業戦略立案」、「組織マネジメント」に関するセミナー実績多数。