めりぃぃぃぃぃぃぃ…
(血涙)

はじまり

あと7つくらい寝るとお正月。今日も元気にぱくさんでございます。

今年もそろそろ終わろうとしています。みなさんにとって今年はどんな1年だったでしょうか。

私はといえば、自分のコンサルスキルをいっそう盤石にせんがため、
どちらかと言えばインプットに重きをおいた1年となりました。

振り返ってみると、玉石混交ながら基本的には玉がいい感じに揃っておりまして。

新たなご縁&出会いに、いままでと変わらず感謝感激雨あられ。
皆さんマジで来年もよろしくネッと。

 ヒューマン・ベーシックスキルの金字塔と、出逢った

さて、少し話が変りますが、
私が以前から興味があって学び続けているものの一つに、

アドラー心理学

があります。

ご存じの方も多いでしょうが、アドラー心理学はフロイト・ユングと並ぶ心理学の一派で、
オーストリア出身の医師・アルフレッド・アドラー氏が提唱した心理学であります。

提唱されたのは実に第一次大戦前(!)。

にも関わらず、その内容は実に現代的であります。

ご存じない方も、数年前にベストセラーとなった書籍、
嫌われる勇気
で一躍有名になった心理学、といえば思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中にままある仕事のご多分に漏れず、
コンサルティング業もまた「人付き合い」とは切っても切れないものでありまして、
正味な話、仕事のことでいろいろと思い悩むことも多いのですが。

「嫌われる勇気」をはじめ諸々のアドラー関係の書籍をあさっておりますと、

「この学問・考え方は、むしろ現代にこそ広く伝えるべき”人間関係”の特効薬(注1)ではないだろうか」

という思いを強くするに至りまして。

 

そんな経緯もあり、前述のスキルアップの一環として、
今年はアドラー関係のセミナーや勉強会にいくつも顔を出したわけであります。

 

で、結論。

「コレは良いものだ」

と確信するに至りましたとさ。

アドラー心理学のいいところ

「どんなところがそんなにもオススメなのか?」
と問う人もあることでしょう。

アドラー心理学自体は(伝え手にもよりますが)6つほどの理論で構成されており、
本気になると、いずれも数回に分けての解説が必要な内容です。

そんなわけで紙面の都合上、今回は詳細は省きます。

ただ、一つハッキリ言えるのは

「とても前向きになれる」

…心理学である、ということです。

 

言い換えるなら、人生の様々な困難に立ち向かう「勇気」が持てるんですね。

 

目の前の困難な事実に変わりはなくとも、
心くじけること無く「勇気」を持って、その困難に打ち克てるようになる。

長いこと、今ひとつ人間の、そして自分の強さに確信が持てなかった私が、
アドラー心理学を学ぶことで、その考えを改めるに至りました。

次回以降、少しずつアドラー心理学の諸理論について、
私なりの解釈のもと、皆様にお伝えしていければと思っております。

おわりに

<今日の名言>

「人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。」
(byアルフレッド・アドラー)

寒い日が続きます。お体に気をつけて。
来年も引き続きご贔屓に。

ではまた。


<注>

1、劇薬な側面もあるので、皆様におかれましては用法用量を守って正しくお使いくだちい…
(自分の弱さと直面するあまり、大幅に凹むこともあります。マジで。)


【セミナーのお知らせ】

只今準備中…


皆様の応援が私たちの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
ぱ く

ぱ く

「世界中がハッピーであるために、とりあえず自分の目の届く範囲を全員ハッピーにしよう」…と今日も諸々ワルダクミしています。 以後よしなに!