FYSブログをご覧の皆さま、こんにちは。
FYSコンサルティング、パートナーコンサルタントの仲光和之です。

これから創業しようとする方々は、当然に売りたいモノやサービスを持っているわけですが、
「その商品やサービスを通じて、お客様や社会にどういった価値を提供したいの?」
という問いに対して、明確な答えを持っている方は少ないように思います。

「作れば売れる」時代は、だいぶ昔に終わっていて、
その商品がお客様のどういったお困りごとの解決につながり、
どんな価値を提供できるのか、といったことが当たり前に求められています。

さらに、お客様個人だけではなく、社会に対して提供できる価値が何なのかも
合わせて求められています。

つまりは「商品の価値」が何なのかをクリアにして、その情報をお客様まで届けないと
売れないという訳です。

今回のブログでは、「社会に対する価値」の部分について、
有名な近江商人のお話を用いながら、お伝えしたいと思います。

 

「三方よし」の考え

この「三方よし」の考えですが、近江商人(滋賀県あたりを本拠地にしていた行商人の総称)の
経営哲学として有名です。

三方、つまり3つの関係者にとって良い商売でなければならないという考えです。

三方とは、「売り手」「買い手」「世間」です。

「売り手」と「買い手」は、商売の売り手と買い手、つまりお客さんと自分のことです。
自分だけ儲ければいいのではなく、お客さんの幸せにもつながらないといけないということです。

「世間」とは社会のことです。

つまり「三方よし」とは、自分のためだけではなく、相手や社会の役に立つものであるべきという考え方です。

近江商人の心得十訓

上記の三方よしの考え方はとても有名ですが、下記の「心得十訓」をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

三方よしをもう少し具体的にし、マーケティングにつながることも多く、
なるほどなぁ~と感心してしまいます。

引用:TeachingOthers(https://to-manabi.com/oumi-kokoroe)

 

ご自身の提供したい商品やサービスの「価値」が何なのか、
誰のどんなお困りごとの解決につながるのか、
考えをまとめてみるヒントになれば幸いです。

 

***************************************************************

FYSコンサルティングではメールマガジンの配信を始めました。
あなたを笑顔にするために、価値・感動をお届けします。
ご登録はこちらまで。
https://55auto.biz/fys-consult/registp.php?pid=1

***************************************************************

FYSコンサルティングでは、株式会社さくら前線との共催で、
株式会社石川酒造さまの視察会を企画しております。

事業承継の必要性が叫ばれる中、長く経営を続けている老舗企業は
どういったスタンスで経営に取り組んでいるのかなどなど、
株式会社石川酒造の18代目当主の石川社長よりお話を伺います。

ご興味のある方は、下記案内を参考にお申し込みください。

石川酒造さま視察募集チラシ

***************************************************************

 

皆様の応援が私たちの原動力となります。
ぽちっと押して、応援お願いします♪

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.
仲光 和之

仲光 和之

【(株)ソウルスウェットカンパニー代表取締役、キャッシュフローコーチ(R)中小企業診断士】 建設業(電気工事業)での現場監督や、不動産管理業で業務のIT化推進、ベテラン社員の技能承継に携わる。その後退職、独立。 現在は『ビジョンと経営数字の専門家』として、ビジョン策定、浸透に関する支援や、決算書が読めなくても一枚の図で会社のお金の流れを把握する「お金のブロックパズル」を使った支援を行っている。 また消費税軽減税率制度や段取り力向上に関するセミナーを全国各地で実施。わかりやすさと多彩なワークが好評。